ホルモン療法で性交痛がひどくなるの?

「ホルモン療法で性交痛がひどくなるの?」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫(チョコレートのう胞)子宮筋腫の質問箱

子宮内膜症,子宮筋腫,手術,症状,治療

2010年01月12日

ホルモン療法で性交痛がひどくなるの?

質問



ホルモン療法では、性交痛が出たと聞きました。
性交痛があるとよけいひどくなるということも考えられるのでしょうか。

体質改善スタイリストの回答




これには個人差がありますが、ミクシィなどでほかの方の体験談を見ているとやはり性交痛は多いですね。

子宮内膜症がある女性で性交痛がある場合は内膜症の影響はあると思いますが、
もともと膣の粘膜が腫れやすかったり、分泌液の量が少ない場合でも性交痛が起きやすいので、こういったことが影響していると、ホルモン療法では悪化しやすいです。

なぜなら、ホルモン療法をすると女性ホルモンの量が減り、膣の分泌液の量が減るので潤いがなくなり、こすれると痛いことと、自浄作用も低下するのでちょっとしたことで腫れやすくなります。

私の推測だと、性交痛がひどくなる可能性のほうが高いかなと感じます。
そういう可能性は高いことは覚えておいてください。

posted by めぐみ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 性交痛

婦人科の病気を改善したい!体質改善をしたい! という方はメールマガジンにご登録いただくと私からの体質改善情報をお届けしています。 婦人科へ行っても鎮痛剤やピルの話があるだけ。
妊娠を希望している場合はピルすらも飲めません。 いい加減体質改善したい! という方のためにメールマガジンをお届けします。

>>メールマガジンに登録する<<

▼体質改善カウンセリング

http://phnroom.sblo.jp/category/837748-1.html

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35122335

この記事へのトラックバック