卵巣の手術費用はどれくらいかかるの?

「卵巣の手術費用はどれくらいかかるの?」の有益情報をお届け!

子宮内膜症・卵巣のう腫(チョコレートのう胞)子宮筋腫の質問箱

子宮内膜症,子宮筋腫,手術,症状,治療

2010年06月04日

卵巣の手術費用はどれくらいかかるの?

質問



卵巣の手術費用はどれくらいかかるの?


体質改善スタイリストの回答




私の手術で入院費用は8日間で以下のとおりです。


保険適応3割自己負担分:167,276円
個室料金:167,276円(1日単価5,000円の個室)


※詳しい明細は私の体験記「卵巣のう腫の治療と手術の体験記」の費用明細を参考にしてください。

ただし私の場合は、当初卵巣のう腫の手術だけでしたが、手術中に子宮筋腫があることがわかり筋腫をとる手術もしています。

この場合、卵巣のう腫と子宮筋腫の2つの手術代がかかります。

2010年現在の診療点数で全額負担額が以下のようになります。


・卵巣のう腫部分のみ切除(開腹):4,350点→4万3500円
※腹腔鏡:14,470点→14万4700円

・子宮筋腫(開腹):18,850点→18万8500円  
※腹腔鏡28,940点→28万9400円

このうえさらに癒着をはがす場合は8万9100円ほどかかるようです。

ですので、手術の内容によって10万円前後、自己負担額で5万円前後の変動がありますのでご注意ください。

※診療点数引用:しろぽんねっと



卵巣の手術だけなら個室代を含めて30万円くらいみれば大丈夫です。
個室代を抜けば20万円前後ですね。


手術&入院の自己負担額をなるべく減らすためには



手術で入院する場合には、自己負担額をなるべく少なくするのに入院日を調整しましょう。

これには高額療養費という制度が関連してきます。

高額療養費という制度ではある一定額を超えた医療費の支払いが免除されます。

私の場合は約8万3千円を超えた医療費に関してはあとから戻ってきました。

現在は事前に健康保険限度額適用認定証を申請すると最初から高額な医療費を払わなくて済むようになっていますので病院窓口で確認しましょう。


ただし、この高額療養費の制度は1ヶ月ごとの計算になります。

1ヶ月の間に入院から退院してしまえば、8万円を超えた分はすべて払わなくてよいですが、入院が2ヶ月にまたがってしまうと、各月ごとの合計額が8万円を越えないと高額療養費の対象となりません。

つまり、1ヶ月目に8万円以下、2ヶ月目に9万円なら、2ヶ月目の8万円以上の額にしか適応されなくなり損をしますから、入院と退院は同じ月で終わるように手術日を設定するようにしましょう。


医療保険からの給付を受けよう



民間の医療保険に加入していれば、そこから入院給付金がでたり、手術代10万くらいでるプランのものもあります。
もし民間の保険に加入していたら、給付金がでるかどうか保険会社に問い合わせてみましょう。

そして、給付を請求するためには医師の診断書が必要です。
入院前に保険会社専用の給付の請求用紙や診断書などを取り寄せておき、入院中に書類がそろうようにしておきましょう。


仕事をしている場合の収入をきちんと確保するために



仕事をしている場合には、お仕事を休むことになります。
腹腔鏡の手術では2週間、開腹手術では1ヶ月弱休むことになるでしょう。

この場合、ほとんどの会社では仕事を休む際に、有給休暇で休むか、無給となるはずです。

ここで無給を避けるため、賞与の査定が下がるのを気にして有給休暇をめいっぱい使ってしまう方がいますが、そうすると手術後に通院する際に有給休暇を使い果たして無給で休むことになり結局休むのが大変になります。

そこで、私は有給休暇を後々の通院用のために使い切らないように、健康保険から収入の6割を保障される傷病手当金の制度を利用するように提案しています。


健康保険に加入していれば、病気などで4日以上勤務できない場合、5日目から収入の6割が健康保険で保障されます。

この制度は会社から書類を提出する必要はありますが金銭的な負担がありませんので、1週間以上会社を休む場合にはこの制度を利用して無給扱いにしてもらうとよいです。
そうすれば、手術後の通院でも有給で休むことが可能になります。

※会社から中途半端に給料がでると健康保険からお金がでないため無給にしてもらうのが得策です。

傷病手当金について→社会保険庁の傷病手当金について


婦人科の病気を改善したい!体質改善をしたい! という方はメールマガジンにご登録いただくと私からの体質改善情報をお届けしています。 婦人科へ行っても鎮痛剤やピルの話があるだけ。
妊娠を希望している場合はピルすらも飲めません。 いい加減体質改善したい! という方のためにメールマガジンをお届けします。

>>メールマガジンに登録する<<

▼体質改善カウンセリング

http://phnroom.sblo.jp/category/837748-1.html

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38755417
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック